2008年03月02日

コタツで読書

冬は寒い。
当たり前のことですが。
寒さに弱い人間なので、
コタツからできるだけ出ない生活をしてます。
家にいる間はずっとコタツ。
コタツで寝っころがりながら本を読みつつ眠たくなったら寝る。
とかに幸せを感じてしまいます。

最近はいくつかの本を同時並行で読んでます。
普段あんまりそういうことはしないんですけどね。
なんでかなーと思ったら…
1冊はベッドに、もう1冊はコタツのところにありました。
もって行くのがめんどくさいんでしょうねぇ。
何の意識もしてなかったのでなんか他人事みたいですけど。

ついでにネットで本買ったりもしてみました。
便利な時代になったもんです。

スモールワールド・ネットワーク







posted by L2 at 06:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

Cambodia & Thailand

Image0253.jpg
あなたの旅の思い出をブログに書こう!


旅行から帰った興奮冷めやらぬ時期に、
なんともタイミングのいい企画です。
ちょっと長いですがお付き合いください。

先日、カンボジアとタイに旅行に行ってきました。
カンボジア4日、タイ7日の予定でしたが、
台風によるフライトの遅れで泉佐野1日、カンボジア3日、タイ7日に。

久々のセルフ海外旅行。
何のツテもなく、単純に旅行を目的として行くのは4年ぶりぐらい。
韓国への結婚式旅行も面白かったけど、それはそれでまた別なので。

久しぶりすぎてどうかなーと思いつつ行ってみたけど、
これまでの旅行経験はわりとしっかり蓄積されてたみたいで、
現地の人との触れ合いも多く、危ない目に遭うこともなく、いい旅でした。

アンコールワットでの朝日は本当によかった。
もうちょっと時間が欲しいとも思ったけど、
夜も安全!とは言い切れないカンボジアは3〜4日ぐらいがいい感じなんかな。
また何年か後に行ってみたいところです。
(ホテルはAngkorlandに泊まりました。06年Openで新しいしきれいやし、おすすめ)

タイは長かったのでいろいろありました。
ムエタイ体験レッスンでは気合が入りすぎて拳の皮がめくれ、
現地の人に混じってやったセパタクローではくるぶしがアザだらけになり、
「地球の歩き方」のエピソードにあったとおりの怪しい人物に会い、
ゲストハウス(A-one inn:B 600/day/room)もちょっと高級なデザインホテル(siam@siam:B 5,000/day/room)も…と欲張りな旅をやってきました。
(上記2つのホテルはオススメ。もう1つ泊まったホテル"Bangkok city inn"はかび臭さに耐えられる人向け)

生来持って生まれた濃い目の顔に日焼けがプラスされて
最後の方はタイ人に間違えられまくってました。タイ人にも。
だいぶ溶け込めてたんちゃうかなぁ。

最後になりましたが、
朝起こせ。かび臭いから無理。金ないからチェンマイ無理。と
わがままな僕に付き合ってくれた友人のY君、ありがとう。
これに懲りずにまた旅行に行きましょう。
ってたぶんこれは読んでないやろうけど。

というわけで、楽しい連休ももうすぐ終わりです。
仕事…はあんまり考えんとこ。

上の写真はsiam@siamのプールからの眺めです。


posted by L2 at 03:20| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

株主総会に出席

先日、人生初の株主総会に行ってきました。
仕事とは全く関係なく、株主として。

会場は門真らへんのとある市民ホール。

まず、会場に入る前に元従業員とおぼしき人が十数人ほど、
会社に対して抗議行動。
横断幕を広げて拡声器つかって。
一瞬しか見てないからほとんど内容は分からず。
「高速代立替分を返せ」とかなんとか。
入り口は屈強な従業員?によって守られてたけど、
なんだかものものしい雰囲気。

で、入り口を入るとエレベーター→会場と多数の案内役社員が。
女の人は結構きれいな人が多かった。
やっぱり厳選されてるんやろか?
会社の顔やからね。

披露宴の会場みたいなところに「第20期定期株主総会」と掲げられ、
それなりに緊張感のある感じ。
出席者は40〜50人ぐらいか。

まずは議長を社長が務める旨、総会が法的に有効である旨が述べられ、開会。
決算報告は事業報告を読み上げてるだけでなんか期待はずれ。
ま、そんなもんやろうけど。
債務超過の決算にも質問はなかった。
やっぱり日本人やね。

次は決議事項。
「取締役選任の件」で事件が。
なんと、前の方に座ってたやたら硬い感じの青年(後に学生と判明)が
自分を候補者に入れる動議を読み上げたのです。
会社への事前の通知はなかったらしく、
事務局に相談の上、却下。
でもなんか総会が活気付いてきた。

「会計監査人選任の件」もなんら質問なく通過。
そんなもんかね。監査法人。
みんなあんまり興味ないんやね。

「役員退職慰労金贈呈&役員退職慰労金制度廃止の件」では
いろんな人から質問、文句続出。
そらそうや。
1億7千万債務超過の会社で3億5千万の役員退職慰労金て。
取り崩したら債務超過解消やん。
質問に対する回答は終始
・これまで20年の功労
・報酬の後払い
の2点。
いやいや、債務超過ってことは功労は全部飛んでますって。
上場したときに十分元は取ったやろうし。
創業者って儲かるねぇ。

で、なんやかんや言いながらも全部原案通り承認。
ほんまかどうか分からんけど、
「事前に提出された議決権行使書と合わせて過半数」らしい。
株主総会ってなんやろなーと思った6月のある日でした。
posted by L2 at 06:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

大学の友人

今日、ほんとうに久々に大学の友人と話をした。
友という言葉を使っていいのか迷うぐらい久しぶり。

彼女に学ぶべきところは多い。
違いすぎて参考にならん部分もあるけど。

本当にすごい人やと思う。
一番すごいのは先を見据えて努力をする力。
何年ものブランクがその部分をより際立たせてた。

よそはよそ、うちはうち。
そらそうや。そらそうやけど、
せっかく刺激を受けたからには何か始めようと思う。

というわけで、わたくし、ダイエットをします。
なんのこっちゃ?と思うかも知れんけど、
ここ2年で会う人会う人に太った?
と聞かれるようになってしまったのはひとえに怠惰な生活ゆえ。
一日一日、瞬間瞬間で安きに流れるこの性格こそが
胴回りに年輪として積み重なったのであります。
この生活を変えることこそが今、喫緊の課題であります。

ただいま66kg。
今後、ブログを書くたびに直近の体重を公表します。
目標体重はBMIを基準に決めることにします。
BMIの標準は18.5〜25らしいので、
BMI=21を目指そう。
ということで目標体重は61.5kg。
チームマイナス7%やね。
posted by L2 at 00:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

再開日記

お久しぶりです。
ってこれだけ休んだら誰も見てないか。

今日からブログを復活させようと思います。
理由は3つ。

1.友人に触発されて
先日出張で東京に行ったときに東京の友人に会いまして。
で、そのときにいろいろ話をしてんけど、
最近の自分ときたらあんまアンテナ張ってないなぁと。
やっぱり外の世界に接していかなあかんなぁと。
狭い世界で仕事してるからねぇ。

2.開き直り
で、考えなおしてみたわけです。
そもそもなぜブログをやめたのか。
それは職場の人とかに見られたらめんどくさいなぁと思ったから。
でも別にいっか。どうせおれのこととは分からんし。
ま、バレたところでゴリ押しで「おれじゃない」と言ってしまえばいっか。
ていうかそない興味もってないか。
自意識過剰やったか。と思うに至りました。


3.今日調べ物があったから
で、そろそろ復活させてもええかなぁと思ってたところ、
今日の会話の中で「SED」っていう聞きなれない単語が出てきたから
「備忘録としてのブログ」をとりあえずは復活させようかと。

究極のジェネラリストを目指して。

で、SED。
話の流れでなんとなーくS* Electric Displayやろなぁとは思ってたけど、正解は Surface-conduction Electron-emitter Display
:表面伝導型電子放出素子ディスプレイ だそうです。
sourse : wikipedia(以下同じ)
FED(Field Emission Display:電界放出ディスプレイ)の一種だと。
FED全般としては、ブラウン管と同じで真空中に電子を出して蛍光体にぶつけて光らせると。ふむふむ。
ただ、後ろの方の1箇所から飛ばすんじゃなくて画素ごとに電子を放出するらしい(薄くするため)。で、電子の放出部をどう作るかで種類が分かれて、そのうち膜を使うのがSEDなんかな?
これ以上は多分量子物理学やからよう分からんけど、どうやら「何かの拍子にふらっと出てきた電子が蛍光体を光らせる」みたい。で、「何かの拍子」をドアの開け閉めみたいに制御できるってことなんやろな。なんせ通常のFEDより低電圧で行けるらしい。

で、特徴としてはブラウン管と原理的に一緒やからブラウン管の技術がそのまま活かせるところ。反面、技術的に高度やからコストがなかなか落ちてこない。っていう感じなんかな。

液晶は大体原理が分かってるので次はプラズマを検索。

プラズマディスプレイ (PDP, Plasma Display Panel)
電極を配したガラス板と、電極のほかに溝(蛍光体入り)を作ったガラス板で挟んだところに希ガスを入れるらしい。ほいでその間に電圧をかけたら紫外線が発生して、それが蛍光体を光らせるらしい。

ということはネオンサイン+ブラウン管みたいな感じか。

液晶だけ仲間はずれな感じやね。
月と太陽。足し算と引き算。

だからどうした。と言われればそれまでですが。

にしてもwikipediaすごいなぁ。
posted by L2 at 02:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

みすずちゃん

お久しぶりです。

そろそろブログを再開しようかなと思っていた矢先に
日経一面を会計士ネタが…。

びっくりしつつブログを再開してみます。

「記事」とは「みすず、監査業務を夏にも全面移管・大手3法人と協議」ってやつです。
なんか、クライアントが移ってくるようで。
記事によるとみすずのクライアントは600社。
単純に3分割すると200社…
これ以上は無理やて。
と思いきやヒトも移ってくるみたい。

けどほんまに移ってくるとしたら
たぶん他の業界に行く人もおるやろうから、
やっぱり今以上にしんどなるんやろなー。

さすがに日興はやばかったなぁ。
もうやめよか。
せやな。やーめた!

とか言うてんねやろか。
勝手やなー。

しばらくの間は看板だけかけかえたような状態になるんかも。
それってどうなん?とは思うけど。
できれば代表社員率が薄まった状態で来ていただけると
労働分配率の向上の可能性もでてくるんじゃないかと。
それやったらなんとか耐えられるかも。

とかなんとか言いつつ
夏に計画してる旅行がつぶされやしないかっていうのが
一番気になるところ。
来年になったらまた試験やから今年しか遊べへんし、
がんばって休むどー!!
posted by L2 at 00:40| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

手紙

久々の更新。久々の東野圭吾。

手紙あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


最近映画化された作品。
スペースの関係から文庫のやつしか読まないと決めているので、
やっと「手紙」を読めました。

出版社もいい加減気づいてもよさそうなもんやけど、
一番高いものがスペースっていう現代にあって
しかも情報を買っているのに、
デカい方が高いっていうのはどうかと思う。

まずは利益率の高いハードカバーを売って
それなりに売れて一息ついたところで文庫も出す。
っていうことなんやろうけど、
同じ時期に出てくれさえすれば
文庫にハードカバークラスの値段でも出すのに。
と個人的には思う。
だから最初からハードカバーと一緒に(or単独で)
文庫を出してくれたらいいのになーと。
もちろん、値段で文庫を選ぶ面もあるから
あとで廉価版を出してほしい気はするけど。

もちろん全員がそうじゃないんやろうけど、
そうするだけで確実に利益は上がる気がする。
本屋とか出版社も省スペースの方がコスト下がるやろうに。

少なくともおれがハードカバーを買うときは
情報の新しさとか旬とかそういうものを買ってるのであって
硬い表紙もデカさもマイナスでしかない。

ま、その辺は消費者の質に起因してる面もあるんやろうけど。
もっと賢い消費者が増えたら変わるんかな。

出版不況の原因の一つはその辺ちゃうかと。

で、肝心の中身の方はやっぱり東野圭吾やなぁという感じ。
映画のCMのせいでちょっとだけ内容を知ってしまって
楽しみは半減した(ムカつくから映画は見ない)けど
ちゃんと期待通りの小説。
同情は差別やという言葉の意味がよく分かる
考えさせられる小説です。
posted by L2 at 02:04| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ねこごろし

ひらがなで書いたらマシかなーと思って書いてみたら
やっぱりマシやった。
猫殺し。
やっぱり漢字は衝撃的すぎる。
ま、衝撃的な話やねんけど。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060922-00000058-mai-soci

直木賞作家の坂東さんっていう人が
猫殺しを日経新聞で告白。
それが動物虐待で告発されそうっていう話。

坂東さんいわく
・人が苦手なので猫を飼ってないと愛が枯渇する。
・猫が増えると困るから谷底に投げる。
・避妊手術は猫の生きる意欲を奪ううえに、
・傲慢な考えに基づくものだから反対だ。
らしい。

坂東さんも気づいてるみたいやけど、
動物を飼うっていうのはそもそも傲慢じゃないとできない。
相手の意思は関係なく一方的に管理下におくねんから。
やのに「避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある」ってアンタ。

ってことは結局は
「際限なく生まれてくる子猫達の命」

「1匹の猫の生きる意欲」
のどっちが重いかという話。

さらには
「1匹の猫の生きる意欲」または
「際限なく生まれてくる子猫達の命」


「1人の人間の寂しさ」
のどっちが重いかという話。

改めて思う。
人は傲慢な生き物です。
posted by L2 at 03:20| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

シュガー&スパイス

今日は久々に映画を見ました。
シュガー&スパイス
なかなかいい感じの映画やった。
映像もキレイやったし、
シュガー&スパイス…なるほど。
風味絶佳…なるほど。っていう感じ。

ストーリーのせいか、
うちの大学の図書館が映ったせいか
すごく懐かしい気持ちになりました。

と同時に

年取ったなぁ。と思った。

ま、何はともあれ、いい1日やった。
今週はがんばれそうです。
posted by L2 at 20:58| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

webでできること?

昔から、
傘と自転車は共有にしてしまえばいいのに。
と常々思ってる。
最近読んだ本(パイロットフィッシュ)にも
そういう考えの人が出てきて、
「やっぱり?」と思った。

特に、
家の近所じゃないけどビミョーに遠い乗り換えのときとか、
多分朝から夜まで停めてある駅前のチャリを見たときとか、
途中で雨がやんだから傘を忘れてきた時とか、
ちょっとぐらい濡れてもいいやと思って
小走りで帰ってきたら家にいっぱい傘があったときとか。

でもまぁ大体の人は否定する。
そんなん無理や。
またはイヤや。と。

それでもやっぱり共有の方がいいと思うねんなー。
思うけど、そんなことはやっぱり無理やと思ってた。
一人では始められへんし。
雨がやんだらテキトーな傘立てに置いてきたりはしてるけど。

けど。
思いついてしまった。
チャリはまぁ値段もそこそこするし
整備もあるからまだ無理としても、
傘はやっぱり共有可能やわ。

その方法。

「持って行ってもいい傘にシールを貼る」

シールを貼ってる傘は持っていっていい。
それ以外は窃盗。
十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金。
そして、シールつきの傘は出来るだけ捨てない。

世の中に流通する傘の量が減るから
多分生産量も減って環境に優しいし、
電車の中で傘持ってる人が減って不愉快度が減少。
突然降った雨にも対応できるし、
やんだら置いてこれるし。

傘業界の人は反対するやろうけど、
それはまぁ高価格帯のカッちょいい傘で対抗してもらえれば。
あとは日傘とかもあるし。
その辺は頑張って下さい。

僕は傘なんて百円のビニ傘でいいので。

傘なんて、さしてるとき以外はジャマやし、
電車とビルと地下街のある暮らしの中で
傘を差す時間がどれだけあるのか?とも思うし。

シールのデザインは分かりやすければなんでもいいけど、
普及させるにはカッコイイorカワイイ方がよろしいかと。
有名な人のデザインがいいんかも。
でもあくまでコストは小さく。
傘を買った人が貼る分、安くないと普及しないと思うので。
そういう意味でシールやったら安く出来そうやしいいかなーと。
5枚100円とか。
広告入れたら無料配布も可能かも。

自分のやと思うから取られたら腹立つわけで、
共有してるものなら別にいいやん?
取っても取られてもいい傘があれば
取られたくない傘は取られへんやろうし。

水に強いシールを作る技術をお持ちのメーカーの方
面白いと思った方、
是非、取り入れて発売してください。
僕は必ず買います。
このブログを見てる人は少数やろうけど、
誰かが伝えてくれればしかるべき人に届くはず。
そう思って書いてみました。
posted by L2 at 00:36| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。