2006年02月14日

第4回 仕訳

「簿記」には実は「複式簿記」と「単式簿記」があって、
今説明してるのは複式簿記の方です。
単式簿記というのは簡単に言うとおこづかい帳。
収入と支出を単につけていくだけなので、
項目は1つでいい。
見た目でいうと1列あればOKです。
それに対して複式簿記は「複式」というだけあって
2列必要です。
それが前回言うた借方と貸方。
何が「複式」かというと、
取引を二面的に見るよ。ってことです。
これはなかなかの発明です。

例えばサラリーマンのH氏が1ヶ月に25万稼ぐとする。
預金 25万 / 給与収入 25万
これをお小遣い帳につけても 給料(+25万)
家賃を8万払う。
家賃 8万 / 預金 8万
お小遣い帳でも 家賃(−8万)
ただ、クレジットで買い物すると
買い物費用 10万円 / カード債務 10万円
お小遣い帳なら…つけられません。
とりあえずメモった方が無難な気はするけど。

ここで、H氏が「今月使えるお金はあといくら?」と考えたとする。
通帳を見ると25-8=17万円残ってる。
お小遣い帳でも同じ。
それで17万円使ってしまうと…
10万円をどうするか
来月請求書が来たときに悩むことになります。
それまでは贅沢できて幸せやけど。
P/Lを作ってみると、
今月の利益は25-8-10=7万円です。
この範囲で生活してれば大丈夫です。
予算7万円はきついけど。

簿記の目的はこういうことじゃないけど、
なんとなく分かってもらえれば。
お金を支払ったり受取ったりするタイミングと
その原因が発生するタイミングはズレることがあるんです。
というか、企業やったらズレるのが普通。
原因といっても「そもそも」まではさかのぼりません。
上の例で言うとクレジットで買い物したっていう部分。

こういう風に捉えるからこそ、
P/Lには「今期の利益はこれだけです」という情報だけじゃなくて
「なんでそれだけ儲かったか?」っていう情報が載るのです。
例えば利益率がよかったとか、
率は悪くなったけどその分売ったとか、
株価が上がったとか。
「なんで?」っていう部分がなかったらB/Sだけで充分。
前期の純資産がこれだけで当期の純資産がこれだけ
→差額が利益。という方法も考えられる。

P/LはB/Sの増減理由を説明してると考えてください。
で、日々の仕訳がそれを支えてると思っといてください。
仕訳によって2つはリンクしてるんです。
posted by L2 at 00:23| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昼に読んでいつも楽しませてもらってます(^_-)-☆

>それで17万円使ってしまうと…
>10万円をどうするか
>来月請求書が来たときに悩むことになります。

なるへそ・・・そういうことね〜。。。
って、そこまで盲目じゃないって!
でも、「P/LはB/Sの増減理由を説明してると」
この辺がリアルに今回は勉強になりました。

しかし、サラリーマンのアフィリエイトが替え歌グランプリ の意味が分からんが。。。
Posted by hige at 2006年02月18日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

お金の勉強
Excerpt: 久しぶりに家のPCから。。。 アメーバブログがかなりリニューアルされてるね こんな絵文字も使われんかったし、メニューも増えてる さて、【○○宣言】 (テーマ:○○宣言 )は、自分の中..
Weblog: ヒゲンスブールのぼやき
Tracked: 2006-02-19 11:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。