2007年07月02日

株主総会に出席

先日、人生初の株主総会に行ってきました。
仕事とは全く関係なく、株主として。

会場は門真らへんのとある市民ホール。

まず、会場に入る前に元従業員とおぼしき人が十数人ほど、
会社に対して抗議行動。
横断幕を広げて拡声器つかって。
一瞬しか見てないからほとんど内容は分からず。
「高速代立替分を返せ」とかなんとか。
入り口は屈強な従業員?によって守られてたけど、
なんだかものものしい雰囲気。

で、入り口を入るとエレベーター→会場と多数の案内役社員が。
女の人は結構きれいな人が多かった。
やっぱり厳選されてるんやろか?
会社の顔やからね。

披露宴の会場みたいなところに「第20期定期株主総会」と掲げられ、
それなりに緊張感のある感じ。
出席者は40〜50人ぐらいか。

まずは議長を社長が務める旨、総会が法的に有効である旨が述べられ、開会。
決算報告は事業報告を読み上げてるだけでなんか期待はずれ。
ま、そんなもんやろうけど。
債務超過の決算にも質問はなかった。
やっぱり日本人やね。

次は決議事項。
「取締役選任の件」で事件が。
なんと、前の方に座ってたやたら硬い感じの青年(後に学生と判明)が
自分を候補者に入れる動議を読み上げたのです。
会社への事前の通知はなかったらしく、
事務局に相談の上、却下。
でもなんか総会が活気付いてきた。

「会計監査人選任の件」もなんら質問なく通過。
そんなもんかね。監査法人。
みんなあんまり興味ないんやね。

「役員退職慰労金贈呈&役員退職慰労金制度廃止の件」では
いろんな人から質問、文句続出。
そらそうや。
1億7千万債務超過の会社で3億5千万の役員退職慰労金て。
取り崩したら債務超過解消やん。
質問に対する回答は終始
・これまで20年の功労
・報酬の後払い
の2点。
いやいや、債務超過ってことは功労は全部飛んでますって。
上場したときに十分元は取ったやろうし。
創業者って儲かるねぇ。

で、なんやかんや言いながらも全部原案通り承認。
ほんまかどうか分からんけど、
「事前に提出された議決権行使書と合わせて過半数」らしい。
株主総会ってなんやろなーと思った6月のある日でした。
posted by L2 at 06:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46415186

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。