2005年09月22日

自分で自分をほめてあげたい

海猫を見た。
海猫

感想を一言で言うと、「はぁ??」
全然おもんない。
登場人物に魅力ある人が一人もおらず。
かといってストーリーも面白くなく、
笑えるところは当然にしても泣けるところさえなく、
物語に必然性が全くなく、
共通語(いわゆる標準語)で行くのか方言で行くのかもはっきりせず、
エロシーンは中途半端なくせに数だけは多すぎるし、
さらに言うと伊東美咲が隠す分を小島聖で見せられても要らんし、
そのうえ暗くて結末は悲惨。
見所は特典映像の伊東美咲のみ。

我ながらよく最後まで見たなぁと思う。
ひとつ気になったのは毛唐を毛頭と書いてあるのがワザとかどうか。
これだけしょーもない映画やとただの間違いに見える。
じゃなかったら漁師はアホやと言いたいのか。

海猿借りよう。じゃあついでに海猫も。
みたいな借り方をしたのが間違いやったか。
posted by L2 at 03:02| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐藤コウイチだけでよかったっちゅ〜話かしら。
海猿で海猫的発想はあたしには無いけど海猿は面白かった。知り合い出てたし。はは。ありがちやけどヒューマンドラマ的ストーリーはグッときます派。でもエロス映画。しょ〜もないってことで今度借りてみようかしらね。
Posted by karasu at 2005年09月22日 09:39
伊東美咲、稀代の大根役者…
Posted by nizi at 2005年09月30日 04:32
タイガー&ドラゴンはパーフェクトな演技やったで。
Posted by 管理人 at 2005年09月30日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7181248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。