2005年09月30日

海辺のカフカ

海辺のカフカ(村上春樹)を読んだ。
なんのこっちゃ全然分からんかった。
インテリの寝言と会話してるみたいな気分。
煙にまかれる。っていう感じ。
それでイライラが募るうえに、
ピーク持ってくる所が早いから余計疲れた。
最後の10ページぐらいはなかなか良かったけど、
まぁ我慢して上下巻読んだのが報われるほどではなかった。

前に読んだやつ(風の歌を聴け)は結構好きやってんけどなぁ。
って今調べたらデビュー作かいな。そら違うわな。

だいたい分かってきた。
いかんともしがたい見解の相違がある。
で、追徴課税されるのはこっち。
割に合わんな。村上春樹を読むのはやめよう。
描写は好きやねんけどなぁ。ま、あきらめるしかあるまい。

でも今回ちょっと貴重な体験をした。
読み終わったとき、なんか現実に戻り切れてない感じがしたから早く現実の世界に戻ろうと思ってとりあえずテレビをつけた。
そしたらニュースの時間帯やったからしばらくニュースを見ててんけど、全然現実に戻ってこれず。
仕方ないからスーパーに買い物に行って飯食って回復してんけど。
ニュースって全然現実感がないものやってことに初めて気づいた。
テレビ番組の中で一番現実に近いのに。
不思議やなぁ。
posted by L2 at 03:36| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海辺のカフカ、ごっつおもろいやん。

3回読んだで。

ま、それぞれなんだろうね。
みなが支持したらキケン思想やわな。
Posted by かんき at 2005年09月30日 10:48
えー、まじで?意外。
かんきさんって文学少年?
Posted by 管理人 at 2005年09月30日 14:44
めっちゃ読むっつうねん。

どんなイメージやねん。
Posted by かんき at 2005年10月06日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7508921

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。