2006年11月05日

手紙

久々の更新。久々の東野圭吾。

手紙あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


最近映画化された作品。
スペースの関係から文庫のやつしか読まないと決めているので、
やっと「手紙」を読めました。

出版社もいい加減気づいてもよさそうなもんやけど、
一番高いものがスペースっていう現代にあって
しかも情報を買っているのに、
デカい方が高いっていうのはどうかと思う。

まずは利益率の高いハードカバーを売って
それなりに売れて一息ついたところで文庫も出す。
っていうことなんやろうけど、
同じ時期に出てくれさえすれば
文庫にハードカバークラスの値段でも出すのに。
と個人的には思う。
だから最初からハードカバーと一緒に(or単独で)
文庫を出してくれたらいいのになーと。
もちろん、値段で文庫を選ぶ面もあるから
あとで廉価版を出してほしい気はするけど。

もちろん全員がそうじゃないんやろうけど、
そうするだけで確実に利益は上がる気がする。
本屋とか出版社も省スペースの方がコスト下がるやろうに。

少なくともおれがハードカバーを買うときは
情報の新しさとか旬とかそういうものを買ってるのであって
硬い表紙もデカさもマイナスでしかない。

ま、その辺は消費者の質に起因してる面もあるんやろうけど。
もっと賢い消費者が増えたら変わるんかな。

出版不況の原因の一つはその辺ちゃうかと。

で、肝心の中身の方はやっぱり東野圭吾やなぁという感じ。
映画のCMのせいでちょっとだけ内容を知ってしまって
楽しみは半減した(ムカつくから映画は見ない)けど
ちゃんと期待通りの小説。
同情は差別やという言葉の意味がよく分かる
考えさせられる小説です。
posted by L2 at 02:04| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

最近見た映画

時間があり余ってるので最近映画を良く見てます。
というわけで最近見た映画の紹介。
今回からオススメはデカい画像にすることにした。

Ray / レイ
Ray / レイ


主役にクギづけ。
噂に聞くとおり、とんでもなく似てる。
これから役者としてどうかは知らんけど、
少なくともレイチャールズのそっくりさんで一生食える感じ。
あの主役を見て、レイチャールズの曲を聴いて、人生を垣間見て、
まぁ十分元はとれる。
大した映画ではないけど。

タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」
タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」


ちょっと間延びしてる。
テレビのシリーズ(DVDボックスはコチラ)の方がよかった。
伊藤美咲のアホキャラもちょっと押さえ気味やし。

スーパーサイズ・ミー
スーパーサイズ・ミー


1ヶ月間マクドナルドのものだけを食べて生活するとどうなるか?
を体を張って実験するっていう映画。
面白かった。体張りすぎやろーとは思ったけど。
雰囲気とか作りは華氏911みたいな感じ。
それにしてもアメリカのデブ事情は想像を肥えて超えてた。
スーパーサイズのセット=ハンバーガー+200gのポテト(日本のLサイズの1.2倍ほど)+1リットルのドリンク
…完食したらタダになるレベルやで。
でもそれ食って太ったからって訴えるのはやっぱりおかしいと思うけど。
posted by L2 at 05:37| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

海辺のカフカ

海辺のカフカ(村上春樹)を読んだ。
なんのこっちゃ全然分からんかった。
インテリの寝言と会話してるみたいな気分。
煙にまかれる。っていう感じ。
それでイライラが募るうえに、
ピーク持ってくる所が早いから余計疲れた。
最後の10ページぐらいはなかなか良かったけど、
まぁ我慢して上下巻読んだのが報われるほどではなかった。

前に読んだやつ(風の歌を聴け)は結構好きやってんけどなぁ。
って今調べたらデビュー作かいな。そら違うわな。

だいたい分かってきた。
いかんともしがたい見解の相違がある。
で、追徴課税されるのはこっち。
割に合わんな。村上春樹を読むのはやめよう。
描写は好きやねんけどなぁ。ま、あきらめるしかあるまい。

でも今回ちょっと貴重な体験をした。
読み終わったとき、なんか現実に戻り切れてない感じがしたから早く現実の世界に戻ろうと思ってとりあえずテレビをつけた。
そしたらニュースの時間帯やったからしばらくニュースを見ててんけど、全然現実に戻ってこれず。
仕方ないからスーパーに買い物に行って飯食って回復してんけど。
ニュースって全然現実感がないものやってことに初めて気づいた。
テレビ番組の中で一番現実に近いのに。
不思議やなぁ。
posted by L2 at 03:36| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

本バトン

本バトンです。
ここ最近書くことがいっぱいあったので後回しになってました。

■持っている本の冊数
テキスト類を除くと50冊ぐらいかな。
部屋も狭いしお金もないから大抵の本は読んだら売ります。

■今、読みかけの本・読もうとしている本
読みかけの本はない。
時間もあるし読み出したら一気に行くタイプなので。
読もうとしてるのは「海辺のカフカ」(村上春樹)。
借り物やから早く読まないと。

■最後に買った本(既読・未読を問わず)
時生」(東野圭吾)。
このブログでも紹介したので感想はそっちで。

■特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)
5冊までか…なかなか難しいな。

・「天空の蜂」(東野圭吾)
1番好きな作家は?って聞かれたら、迷わず東野圭吾と答える。
で、その作品の中でなにが1番好きか?って聞かれたら、相当迷うけどこれ。
原発にテロ。テーマは重い。けど、押し付けがましくない。そして、純粋に面白い。
そんな小説はなかなかない。
しかも原発で色々不祥事が起こる前(1998年)に書いたってことがまたすごい。

・「ある閉ざされた雪の山荘で」(東野圭吾)
東野圭吾の本は言い出せばキリがないから2つにしとく。
推理小説は基本的に好きじゃない。
展開が無茶やから。ありえへん、って思ってしまう。
題名見たときはそんなベタベタ推理小説かと思ったけど、
やっぱり東野圭吾はちょっと違った。
こんなちょっとした仕掛けであり得る話に変わるんやなーと感心。
安心してハラハラドキドキ。最後まで全然分からんし。
推理小説を書いてる人に読んで欲しい。

・「ソフィーの世界」(ヨースタイン・ゴルデル)
大学生の時に読んだ。
どうも哲学が好きらしい。全然道徳的な人間じゃないのに。
ちなみにこの本は結果的に借りパチ。
返す意思はあるけど機会がないねんなー。
誰が何を言ったかとかそういうのはどうでもいいけど、
色々考えてみると面白い。

・「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン)
読みたいなーって結構長いこと思っててんけど、最近やっと読めた。
この本のどこまでが事実でどこまでがフィクションか分からんけど、
生まれて初めてパリに行ってみたくなった。
キリスト教徒やったらもっとおもろいんやろか?
それとも受け入れられへん話なんやろか?
今度誰かに聞いてみよ。

・「『事実』をつかむ」(新井 章, 松村 高夫, 本多 勝一, 渡辺 春己 )
大学の教科書として読んだんやけど、かなり印象に残ってる。
事実とは何か?
これはなかなか難しい問題。
著者4人がそれぞれ歴史・報道・裁判の立場から「事実」について語るねんけど、
確か本多っていう人が報道の視点から
誰かのフィルターを通してない「事実」なんて意味がないし、
(報道の世界には)存在しない。
いくら事実でも切り取り方によってはフィクションになり得る。
みたいなことを言ってて、それがすごい心に残ってる。
この本を読んでから物事の受け止め方が変わったし、
フィクションを受け入れられるようになったのもこの本の影響が大きいような気がする。
人生って結局はフィクションやねんなー。と今では思う。

■バトンを回す5人
ティムポ
やまなん
りおのさん
なば
ひげ
posted by L2 at 11:34| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

自分で自分をほめてあげたい

海猫を見た。
海猫

感想を一言で言うと、「はぁ??」
全然おもんない。
登場人物に魅力ある人が一人もおらず。
かといってストーリーも面白くなく、
笑えるところは当然にしても泣けるところさえなく、
物語に必然性が全くなく、
共通語(いわゆる標準語)で行くのか方言で行くのかもはっきりせず、
エロシーンは中途半端なくせに数だけは多すぎるし、
さらに言うと伊東美咲が隠す分を小島聖で見せられても要らんし、
そのうえ暗くて結末は悲惨。
見所は特典映像の伊東美咲のみ。

我ながらよく最後まで見たなぁと思う。
ひとつ気になったのは毛唐を毛頭と書いてあるのがワザとかどうか。
これだけしょーもない映画やとただの間違いに見える。
じゃなかったら漁師はアホやと言いたいのか。

海猿借りよう。じゃあついでに海猫も。
みたいな借り方をしたのが間違いやったか。
posted by L2 at 03:02| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

自由の身1日目

緊張状態からの開放のせいか、それとも単に疲れてたのか、
おとついはホンマによーー寝た。
で昨日もついつい昼寝してしまい、
そのあと夜中から起きっぱなし。
とりあえず今週はゆっくりすることに決めたから
たまってたビデオ(TV)を見た。
で、借りてた本を読んで、
それでも眠たくなかったからDVDを観た。
にしてもテレビ見すぎやわ。
おとつい親戚の家に行ってんけど、
母+叔母の話にも全然ついていけたことでちょっと危機感を感じた。
ま、働きだしたら変わるやろうけど。
テレビの中ではガイアの夜明けがヒットやったな。
2007年問題(団塊の世代の退職)・技術の継承がテーマ。
造船に使う鉄を手作業で曲げていくギョウ鉄っていうのに特に心動かされた。
技術を継承する側として出てきたのが同年代(26)やったし。
こういうの見ると無職な自分にちょっと焦る。
とにかくプロってかっこいい。やっぱり。
がんばろ。

ハサミ男
ハサミ男


文体はあんまり好きじゃないけど、内容は結構面白かった。
ただ、ワザとやろうけど舌足らずな文章で、
ちょっとごちゃごちゃしすぎかな。
後半は慣れたのと謎が解けていくのとでそういうのはあんまり感じず。
全体としては、まぁまぁ。


海猿 スタンダード・エディション
海猿 スタンダード・エディション

海猿 プレミアムDVD-BOX
伊藤英明 佐藤秀峰 羽住英一郎
B00069LUJK


ドラマの方は観てないけど、映画は結構良かった。
友情とか恋愛とかベタベタで「んなアホな」っていう部分もあるねんけど、
最初からそれを期待してたから、心地良い。
普通にカッコイイし。
posted by L2 at 11:22| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

リフレッシュ完了

本日、公認会計士協会(関西地区)の就職説明会に行ってきました。
明日からは大手法人の個別の説明会の申込も始まるし、
いよいよ就活も本格始動という感じ。
去年に比べてだいぶ就職状況はよさそうなので一安心。
ま、年齢とか受験回数を考えると厳しいのには変わりないけど。

というわけで「時間があったらやりたいこと」は一旦休止。
でもまぁこの4日間でけっこう色々できた。

・web本棚を作った。
ブログがちょっとだけ変わったことにお気づきでしょうか?
右側の一番上のところにweb本棚(byブクログ)が増えました。
けーすけのブログで見てからちょっとやってみたいなーと思ってて
今回、時間ができたので導入しました。
名前はダジャレやけどそない気にせんでよろしい。
スペースの問題もあって読んだ本は古本屋へ行ってもらうことが多いので備忘録としても活用できるかなーと。
だいぶ重いけど、たまに覗いてもらえたら。
そのまま買ってもらえたらなお嬉しいっす。

・映画 パッチギ を見た。
パッチギ ! スタンダード・エディション
パッチギ ! スタンダード・エディション

(プレミアムエディションはこちら)
かなり面白かった。ここ数年の邦画では1番。
井筒監督は元々好きやねんけど、
(言うても映画はそんなに見てないけど。)
この映画は笑いとか無茶苦茶な部分と真面目な部分とのバランスが最高。終わった時は「え?もう2時間??」っていう感じやった。
ちなみに井筒作品はDVDで監督自身があーだこ−だいいながら見るやつ(副音声みたいなやつ)もオススメ。
うそん?って思うこと多数。

・小説 時生(東野圭吾)を読んだ。
時生
やっと文庫化されたので即買い。
今回はテクニック系じゃなかったし、
モチーフもテーマも特に目新しいこともないから
インパクトの点では劣る。
けど東野圭吾らしさは表れてたし、面白かった。
サラッと読めて、ちょっとあと引く感じ。
posted by L2 at 01:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

ダメダメデーにも少しの希望

今日は一日を無駄に過ごしてしまいました。
なぜかやる気が出ない。
体中のやる気を振り絞ってやった簿記
第1問:合併…そんなん忘れた。第2問:キャッシュフロー…計算が合わん。
どっちも点数は半分強。
またやる気を失う。
どうしたもんかな。
今週も土日は遊ぶことになってるから
勉強せなあかんねんけど…
ま、明日やることにしてとりあえず寝るか。

と思ったけどメール来てるからちょっと延長。
ちょっとやる気が出るメール。
そのメールの主は…社長!

新入社員論
田中 圭介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑この本の著者。
正月にサッカーした時に初めてちゃんとしゃべってんけど、
とにかくええヤツ。
本もいい。
新入社員じゃなくても若い人は読んだ方がいい。
若くありたいと思ってる人も読むべきちゃうかな。
独立して会社作って…なんて考える前に書いた本。
やのに起業したことに納得してしまう。
そんなパワフルな本です。
posted by L2 at 03:55| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。