2005年12月07日

監査についての真面目な話

姉歯建築士による耐震強度偽装問題、なんか粉飾事件の話に構造が似てるなぁと思ってたら、最近見つけた気になるブログビジネス法務の部屋に、気になるエントリがありました。
12/5 監査法人のランク付けは可能か? と
12/6 監査法人ランク付けと弁護士専門認定制度 です。

国が48検査機関を格付け、問題審査は全棟検査実施へ(読売ニュース)
という記事から会計士監査のシステムについての問題提起として監査法人のランク付けを提案されています(12/5分)。そして、それについてのコメントに対し、では監査の信頼性はどこで担保されるのか?といった問題提起をされています。

それでは「監査の監査」というものの効果は結局のところ、何者によって品質が評価されるのでしょうか。「資格保有者による会計監査人の審査は間違いない」といった信頼の基礎と同じレベルの基礎のうえに成り立つのでしょうか。それでは「儀式」と揶揄されてもいたしかたない、ということなのでしょうか。(12/6のエントリより引用)


今日は(いつもと違って真面目に)この問題について考えてみました。

現状、個々の監査業務について監査法人が品質管理を行い(ここまでは内部の審査)、監査法人の「品質管理体制」を会計士協会がレビューし、その「レビュー」を公認会計士・監査審査会がモニタリングする。という制度になっています。
これはまだ新しい制度ですので、その実効性はこれから検証…ということになるのでしょうが、個々の監査意見に対しての監督ではなく、体制・システムの監督です。(ここまでは多分あってるはず…)

以下、個人的な意見です。

「監査の監査」というのはどこまで行っても連鎖が終わりません。誰が言ったら正しいか?誰の言葉なら信じられるか?という部分で終わりがないからです。連鎖が続くほど、責任が曖昧になる可能性もあります。
「監査の監査」を国が行うとして、特に個々の監査意見に対して国が関与した場合、意見が食い違ったらどうするのか?その責任は誰が取るのか?というのは非常に大きな問題です。

財務諸表は相対的な性格が強いといわれます。監査人の保証水準は一定であることが求められますが、将来事象や経営者の判断が含まれる以上、絶対の判断というものは存在しません。当然、国と監査法人で意見の食い違う場面は容易に想定されます。
また、最終的に国が責任を取るといった場合にはモラルハザード(国はつぶれない、公務員は解雇されない…といった意識の元でどれだけ実効性ある監督ができるのか)の恐れがあり、その手前でいかに止めるかという問題がより重要であると考えています。

現状では監査の信頼性の拠りどころは「責任の重さ」にあると思いますし、その方向性は間違っていないと思います。監督官庁はありますが、最終責任は基本的に監査法人(or会計士)が負っており、その責任を果たす形で意見が表明されます。
監査人の負う社会的責任は重大ですが、その担保として行政責任、刑事責任、民事責任が定められており、それぞれ非常に(非情にといっていいぐらい)重大な責任です。(報酬から考えて割に合わないぐらいです)

そこで、監査の信頼性を増すためには、投資家等がいかに責任追求しやすい制度にするか、監査法人で負担しきれない責任を果たす基金のようなものの必要はないのかといった方向で議論すべきであると考えています。
例えば1人の会計士が不正をするだけで業界1・2を争う大手の監査法人が崩壊の危機に瀕するような現在の制度の下では行政処分にためらいが出ても不思議ではありません(もちろん実際にためらっているかどうかを私は知りませんし、不正が行われたかどうかも知りません)。
同時に、責任の重さに対して報酬が低いこと、それにより人材が流出する恐れがあることをもう少し考える必要があると思います。
これは投資家がどのポイントで財務諸表の信頼性と監査コストのバランスを取ろうとするかということに尽きます。信頼性は絶対、コストはかけたくない。というのは無理な相談です。(現状ではそれに近いと思いますが。)日本では性善説に基づいて安くシステムを作ろうとする傾向が強いと思いますが、果たしてそれでいいのかどうか?監査サービスの消費者である投資家(もしくは国民)以外にそれを決められる人はいないと思います。

監査法人で働く身としてはもっと監査コストをかけて頂けるとありがたいのですが…。
posted by L2 at 01:35| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

会計士試験について

租税法の勉強を再開しました。
まだ全然入門段階やけど正直しんどそうな感じ。
仕事も始まるというのに先が思いやられるわ。

合格してからというもの会う人みんな驚くのが
ここからの道のりの険しさ。
っていうかおれが大変そうにしゃべるから
みんな同情してくれんのかな。
今年の合格者(去年と一昨年も)は試験制度の変わり目で
ちょっと複雑っていうのもあるねんけど。

そういえばこのブログ、
タイトルの割に会計士のことについて触れてないから
ちょうどいい機会ということで会計士試験について簡単に解説します。
正確さはイマイチ保証できひんけど。

まず、従来の試験は1次、2次、3次に分かれてました。
1次試験は大学2年以上とかで免除。どんなんか分からん。
2次試験が一般的にいう会計士試験。
短答式(マークシート)と論文式(記述)に分かれてて、
短答に1回受かったからって次の年の免除はないという非情な試験。
ここ数年の合格率は8%前後。
人数で言うと1300人/15000人とかそんな感じ。
これに受かって会計士補。
で、実務補習(勉強)×1年と業務補助(仕事)×2年をやったあと
3次試験を受ける。
3次試験は筆記と口述に分かれてて、2次試験より実務的な内容。
合格率は60%程度。
これに受かって晴れて会計士。

次に、来年からの新試験制度では1次2次3次っていうのを廃止。
今の2次試験が「会計士試験」になって科目がちょっと変更。
短答合格すると2年間繰越しできるらしい。ちょっとおトク。
で、会計士補という名称は廃止。
実務補習(勉強)×1年と業務補助(仕事)×2年は変わらず。
実務補習が終わると
「統一考査」っていうテストに合格せなあかんねんけど、
それが実質的には3次試験の代わりみたいなもんちゃうかなぁと。
私見ですが。ダジャレをいうつもりはありませんが。

で、今回合格した言うてんのは従来の2次試験。
登録が終われば「会計士補」になれます。
でも来年から3次試験が廃止されるから、
新制度に乗り換えることになる。
具体的には
1.新制度の会計士試験で「租税法」と「監査論」に合格
2.実務補習×1年と業務補助×2年
3.統一考査に合格
これでやっと会計士になれるのです。最低3年かな?たぶん。

で、今後1年は仕事のほかに補習所(実務補習をする所)に行ったり
新試験の勉強をせないかんわけです。
監査論は今までの延長で行けると思うけど
租税法はやったことない(従来は3次試験)から大変なのです。
それと週3で補習所。土曜まるつぶれ。
みんな一緒とはいえ、しんどいやろうなと。
無職に比べたらどうってことない。とも思うけど、
やっぱり愚痴とか多くなるやろなー。

人間だもの。
posted by L2 at 06:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

租税法

遅ればせながら租税法の勉強を始めました。
入門(全6回)を3回終えたところ。
まだまだ初歩の初歩やけど、なんか大変そうな科目やなぁという印象。

今日は別表4の話。
とりあえず今日出てきた科目名は覚えてくださいとのこと。
損金計上納税充当金、損金計上法人税、損金計上住民税、
受取配当等の益金不算入額
寄付金の損金不算入額、法人税額控除所得税額、欠損金の当期控除額。
んー、重い。
こんなことは多分数ヵ月後には常識になってて、
もっと大変な部分がいっぱいあるんやろうけど。
ほいで「の」とか入れるのやめて欲しい。
迷うし。
「の」がなくてどのくらい減点されるか知らんけど。

とにかく簿記の二の舞にならんように、早め早めに手を打とう。
と決意した
けど実行できるやろか?
posted by L2 at 06:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

がんばるどー!

今日は殺人的なスケジュールをこなした。
2時間の問題をなんと5科目分!!

Tの全答練を受けて結婚式に行ったら、
Cの公開模試を受けられなくなってしまったので、
通信で受けることにした。
通信でやると3日間かけるのはなんかもったいない気がするから、
2日でやることにした。
昨日3科目やから、今日は4科目。
そのスケジュールを決めたのは昨日。
そのときは忘れてたけど、今日は答練を1つ。学校で。
計5科目。

んー、ぶっつづけではないけど、10時間はやっぱしんどい。
しかもテストやから普段の倍疲れるし。
なんでこんなに頑張ってるかというと、
1.今年も海に行くことになりそう。
  その時心残りがないように。
2.こないだ焼肉食べたらめちゃ旨かった。
  早く稼いで旨いもんを食べれるように。

しばらくはモチベーションが維持できそうです。
posted by L2 at 03:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

全答練(2回目)を終えて

たまには受験生らしい日記を。
2回目の全答練が終わったので、
これからの勉強のためにも総括。

まずは1回目の全答練の時の日記と実績を見てみると…
全体:スピード不足。 偏差値51
簿記:× ダメダメ   …43×
財表:△ スピード不足 …43×
経営:? 創作。いいの?…61○
原計:○ できたような …45×
監査:○ スピード不足 …50△
経済:× 焦りすぎ   …52△
商法:○ 手ごたえアリ …62○
手ごたえっていうものがいかに当てにならんか、
「自分なりに」がいかに無意味かを示してます。
でもまぁ参考になる部分もあったので一応今回も。

簿記:ダメダメ。進歩なし。やっぱり時間配分が課題。
財表:勉強不足の部分もあるが、そこそこ。
経営:結構やれたんちゃうかな。
原計:時間配分ミス。もっとやれた。
監査:まぁまぁ。
経済:時間配分に成功。簡単やったのか伸びたのか勘違いか?
商法:問題の意図がつかめず。勉強不足。

やっぱり全体としてスピードと時間配分が課題。
もうちょいやれた感がある。
対策としては暗記の比重を増やして時間を節約するのと、
集中しすぎて時間を忘れるのをなくす。ぐらいか。
まだあと1ヶ月以上あるから、間に合うやろ。
posted by L2 at 16:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

合格発表

24日に合格発表がありました。
無事、短答合格。
自己採点で分かってるとはいえ、見るときはドキドキ
すんのかなーと思ってたら、
専門学校で「おめでとうございます」って言われた。
受験番号とか教えたっけ??
それとも専門学校は名前も分かるんやろか?
「余裕でしょ?」って聞かれたから
「あー、はい。まぁ。」って答えといた。
「そんなことないですよー」って言うのもウソ臭いし。
「まぁ」に謙遜を込めたつもりやけど、伝わったかな。

ボーダーは34。去年より低かった。
それで点数上がったってことは実力アップしてんのかな。
短答と論文はまた別やけど。
あと2ヶ月。しっかり頑張らないと。
posted by L2 at 07:30| 大阪 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

受かってますように。

短答受けてきました。
帰りの電車がめっちゃ混みそうやったから、
漫画喫茶寄ってゲーム&漫画。
しょぼいめの漫画喫茶やったけど、
久々にゆったりした時間を過ごせた。

で、気になるのが結果やけど…
解答が割れてる。
3問も。
で、そのどれもが可能性アリ。
なので50問中、38〜41。
まぁ合格やろ。(言い聞かせ気味?)
最初に採点したのが41で、
「念のため」他のも見たせいで心配になってしもた。
まぁ、去年よりよかったし合格やんな?
な?
な?
誰か返事して…?

発表は6月24日。
その日までヤキモキ??
してる場合じゃないんやけども。
posted by L2 at 23:16| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ明日は本番。その1

いよいよ明日(もう今日か)は本番。
短答の3ヶ月後に論文もあるので「その1」です。
あと10時間ちょっとか。
ちょっとドキドキ。
絶対受かると信じてるけど、
それでもドキドキするものです。
なかなか寝つけなさそう。
起きるのが遅かったのもあるし、
無理に寝ようとすると長引きそうやからテレビ見たりして睡魔待ち。
早起きしても疲れるだけやしね。
短答は昼からやから、融通がきいていいねぇ。

試験が終わったら久々に実家に帰ろうと思ってます。
2年かそれ以上ぶり。
いつの間にか実家も引っ越してるし。
今度は大分で、前に住んでた家なので、
久々(6年ぐらいぶり)に
「実家に帰ってきた感」が味わえそう。
楽しみ。

とりあえず打ちひしがれ帰郷にならんように
明日はしっかり頑張ってきます。
posted by L2 at 02:51| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

全答練2日目

原価計算
勉強してないわりに、結構できたような気がする。
やっぱり全部は埋められへんかったけど。
監査論
得意科目のイメージがいい方に出た。
ただ、これも時間は足りず。
経済学
前2つが時間不足やったのが頭にあったのと、
不得意なイメージ、
それに最近重点的に勉強したっていうことで、
ちょっと焦りすぎた。
計算が全く合わず、同じところを修正テープで塗り固めるような感じ。
10回ぐらい計算して4回出たら採用、みたいな問題も。
あまりに悔しくて試験が終わった後にゆっっくり解いてみたら、
フツーに解けた。
なんじゃそら。

6科目終えての反省点としては
・やっぱりスピードが課題
・だからって焦って熱くなるとよくない
このバランスが難しいねぇ。

なにはともあれヒジが痛い。
ワープロにしてくれへんかな。
posted by L2 at 18:56| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全答練1日目

簿記はダメダメやった。
1問目は簡単やったから
「お、これはいけるぞ?」って感じやってんけど、
2問目の最後の資料を見落としてて、
やたら難しい問題にしてしまってた。
アホですわ。
財表は現時点では普通。
でもやっぱり時間が足らん。
スピード配分が課題。
経営はかなり創作的にやった。
そんなんでいいんかな?

今日も返って即寝→夜中に起きた。
もう1回寝てみる。
生活直るかな?

そろそろ短答の勉強を本格的に…
と思ったら短答用の去年の問題集がない。
「こんなもん持ってたら来年も受けようとしてるみたいや」
って捨てたような気がする。
強気というよりは、ゲンをかついだ感じ。
そういうのやめよ。
ジンクスは行動を縛るだけってことに最近気づいた。
posted by L2 at 03:53| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

ニッポン放送〜商法

勉強のため、商法(だけ)の関連条文をまとめときます。
基本的に自分のため。
なので分かりにくくてもあきらめて下さい。

登場人物は
F=フジテレビ N=ニッポン放送 L=ライブドア
条文(だいたいの意味)→関係する出来事(仮定を含む)。

・関連大アリ
211条の2(商法上の親会社の定義)
239条1項(普通決議)
→FがN株に対して50%を目標にTOB。
→LはNの議決権の過半数を取得?

343条(特別決議)
→LがN株を時間外取引で取得。
 議決権比率は1/3超=重要事項の否決可能に。
→FのTOB成功。同上。

241条3項(相互保有株の議決権停止)
→FはTOB目標を25%超に修正。
 NのFに対する議決権停止のため。
→TOB成功。達成。

280条の19(新株予約権)
280条の20(発行手続)
→Lはリーマンに転換社債型新株予約権付社債を発行
→NがFに対し新株予約権発行を決定

280条の39第4項(準用)・280条の10(新株発行差止請求権)
→Lが差止の仮処分を申請、地裁、高裁が認める。

267条(株主代表訴訟)
→東電がTOBに応じたことで訴訟請求
→条件は6ヶ月なので、Lは無理。村上はOK。

・やや関連アリ
241条2項(自己株の議決権停止)
→議決権ベースと発行済総数とのズレの一因?

224条の3(株主名簿の基準日)
→3月末(Nの基準日)までにLが過半数取れるかが焦点に。

222条の8(強制転換条項付株式)
→敵対的買収への対抗策として有効?

498条第1項11号(正当な理由なき名義書換拒否の罰則)
→NはLの名義書換拒否を検討。


思いつくものを挙げてみた。
パッと条文が思い浮かぶものがあれば
探しまくったものも。
280条の…は多いから要注意かな。
名義書換とかはちょっと弱い感じ。
あと、少数株主権も。
posted by L2 at 03:56| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

スランプ中

昨日から本格的にスランプ。
やる気は出ーへんし、答練受けても全然ダメ。
ダメな時はダメやから、気分転換にDVDを見た。
丸かった。

はぁ…
笑いレベルも低下してしまうのね。恐るべしスランプ。

JSA
ソン・ガンホ イ・ビョンホン イ・ヨンエ キム・テウ
アミューズソフトエンタテインメント 2001-11-22


by G-Tools


シリアスで暗いんかと思ってたら、意外と笑いあり。
イ・ヨンエに惚れた。お気に入りに追加。
イ・ビョンホンは本当に二枚目なんやろか?
イ・ビョンホン(ホンマはこんな顔)で思い出したけど新庄とhitomiは似てるねぇ。
ソン・ガンホは上手い。多分。

そんなこんなで全然勉強してないので、
やる気を出そうと勉強計画を立ててみる。
短答に向けての勉強はまだ早いし、
4〜5月は短答の勉強ばっかりになって選択科目はやらんやろうから、
今月は「選択科目強化月間」に決定。
経営学(基礎的なところ)経済学(ミクロ)を強化すべし。
細部はこれから決めます。
で、ちょっとだけでも勉強するべ。
明日と明後日は学校ないから遅くまで起きてていいし。
posted by L2 at 03:46| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

今日の出来事

今日は2コマ授業を消化したんやけど
その授業中(いうてもDVDやけど)、
とてつもなく強力な睡魔に襲われ、勉強を中断した。
昨日の5時間フットサルの名残りやと思われる。
コーヒー、タバコ、フリスク…色々やってみたけど
どうにも目が覚めへんかったから思い切って昼寝してみた。
また夜型になってしまうのか!?ドキドキ。
結果は明日報告します。

関係ないけどTOEICのスコアが送られてきた。
最近気になって仕方がなかったから「やっと」って感じ。
結果は…695点!!
大満足\(^0^)/
あと5点あったらキリもいいし数字のインパクトもあったけど、
文句は言うまい。
履歴書にも書けるらしいし。
今回のTOEIC受験は成功と言えるんじゃないでしょうか。
「今回の」と言いつつも、これからは受験に専念するから
しばらく受けることはないけど。
posted by L2 at 02:01| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。