2005年12月07日

監査についての真面目な話

姉歯建築士による耐震強度偽装問題、なんか粉飾事件の話に構造が似てるなぁと思ってたら、最近見つけた気になるブログビジネス法務の部屋に、気になるエントリがありました。
12/5 監査法人のランク付けは可能か? と
12/6 監査法人ランク付けと弁護士専門認定制度 です。

国が48検査機関を格付け、問題審査は全棟検査実施へ(読売ニュース)
という記事から会計士監査のシステムについての問題提起として監査法人のランク付けを提案されています(12/5分)。そして、それについてのコメントに対し、では監査の信頼性はどこで担保されるのか?といった問題提起をされています。

それでは「監査の監査」というものの効果は結局のところ、何者によって品質が評価されるのでしょうか。「資格保有者による会計監査人の審査は間違いない」といった信頼の基礎と同じレベルの基礎のうえに成り立つのでしょうか。それでは「儀式」と揶揄されてもいたしかたない、ということなのでしょうか。(12/6のエントリより引用)


今日は(いつもと違って真面目に)この問題について考えてみました。

現状、個々の監査業務について監査法人が品質管理を行い(ここまでは内部の審査)、監査法人の「品質管理体制」を会計士協会がレビューし、その「レビュー」を公認会計士・監査審査会がモニタリングする。という制度になっています。
これはまだ新しい制度ですので、その実効性はこれから検証…ということになるのでしょうが、個々の監査意見に対しての監督ではなく、体制・システムの監督です。(ここまでは多分あってるはず…)

以下、個人的な意見です。

「監査の監査」というのはどこまで行っても連鎖が終わりません。誰が言ったら正しいか?誰の言葉なら信じられるか?という部分で終わりがないからです。連鎖が続くほど、責任が曖昧になる可能性もあります。
「監査の監査」を国が行うとして、特に個々の監査意見に対して国が関与した場合、意見が食い違ったらどうするのか?その責任は誰が取るのか?というのは非常に大きな問題です。

財務諸表は相対的な性格が強いといわれます。監査人の保証水準は一定であることが求められますが、将来事象や経営者の判断が含まれる以上、絶対の判断というものは存在しません。当然、国と監査法人で意見の食い違う場面は容易に想定されます。
また、最終的に国が責任を取るといった場合にはモラルハザード(国はつぶれない、公務員は解雇されない…といった意識の元でどれだけ実効性ある監督ができるのか)の恐れがあり、その手前でいかに止めるかという問題がより重要であると考えています。

現状では監査の信頼性の拠りどころは「責任の重さ」にあると思いますし、その方向性は間違っていないと思います。監督官庁はありますが、最終責任は基本的に監査法人(or会計士)が負っており、その責任を果たす形で意見が表明されます。
監査人の負う社会的責任は重大ですが、その担保として行政責任、刑事責任、民事責任が定められており、それぞれ非常に(非情にといっていいぐらい)重大な責任です。(報酬から考えて割に合わないぐらいです)

そこで、監査の信頼性を増すためには、投資家等がいかに責任追求しやすい制度にするか、監査法人で負担しきれない責任を果たす基金のようなものの必要はないのかといった方向で議論すべきであると考えています。
例えば1人の会計士が不正をするだけで業界1・2を争う大手の監査法人が崩壊の危機に瀕するような現在の制度の下では行政処分にためらいが出ても不思議ではありません(もちろん実際にためらっているかどうかを私は知りませんし、不正が行われたかどうかも知りません)。
同時に、責任の重さに対して報酬が低いこと、それにより人材が流出する恐れがあることをもう少し考える必要があると思います。
これは投資家がどのポイントで財務諸表の信頼性と監査コストのバランスを取ろうとするかということに尽きます。信頼性は絶対、コストはかけたくない。というのは無理な相談です。(現状ではそれに近いと思いますが。)日本では性善説に基づいて安くシステムを作ろうとする傾向が強いと思いますが、果たしてそれでいいのかどうか?監査サービスの消費者である投資家(もしくは国民)以外にそれを決められる人はいないと思います。

監査法人で働く身としてはもっと監査コストをかけて頂けるとありがたいのですが…。
posted by L2 at 01:35| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

オーサカ

入社後初の更新です。
久々の社会進出は案の定、早起きとの格闘で始まりました。
補習所を含め今んとこ遅刻がないので及第点。

ここ2日、とりあえず思うのは
大阪で就職してよかったなぁってこと。
緊張状態ながらもやっぱり関西弁は安心する。
東京に住んでたときは周りは標準語でそれが普通やったから
それ自体は別に苦痛ではないんやけど。
根がビビリやからそういうちょっとした安心感が大事なのです。
あとはやっぱり通勤がラク。
事務所が霞ヶ関やら丸の内やら飯田橋やらが仕事場やと
家賃のこととか考えたらそない近くに住まれへんし。
事務所以外の場所に行くにしても都市の規模からして全然違うし。

大阪といえばガンバとセレッソが優勝争いに絡んだ大混戦のJリーグ。
ガンバが優勝したそうで。おめでとうございます。
補習所行ってたから試合は見てないけど、
セレッソもそうやけど、攻撃的なチームが優勝するっていうのはやっぱり心から祝福できる感じがする。
にしてもドラフトのないJリーグで
毎年違うチームが優勝に絡む展開になるっていうのは
ちょっと不思議な感じがする。
リーグ自体の若さもあるんかな?
ガンバはユースが強いみたいやし
その出身者が結構チームの核として活躍してる感じやから
今後は下部組織の強さで差が出てくるんかも。

これまでJリーグはそんなに見てなかったけど
オールスターで佐藤寿人を見て以降はちょっと気になってる。
そういう、代表で活躍してもおかしくないぐらいの選手はまだまだいてるんやろなーと。
開幕からシャムスカマジック全開が予想される大分も含めて、
来年はしっかり見たいです。
あ、でもW杯で中断したりすんねやろか。
そしたら中途半端かも。
posted by L2 at 04:15| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

見たところ みだれ髪では ないらしい

黄金株についての与謝野経済財政・金融担当相の発言。
「会社法で認められていることを東証の上場基準で否定するということは理屈の問題としてはあり得ない」(NIKKEI.NETより。ソースはコチラ
それはどうでしょう?
そうやとしたら上場基準なんて要らん。
「会社法その他の法令に違反していない会社」だけで済むことになる。
なんで上場基準があるのか、
上場会社と非上場会社はどう違うのか。
を考えた上での発言でしょうか?
ま、非上場会社に黄金株のメリットは少ないけど。

国会は東証より偉いんだよ!って言いたいんかな?
まぁ自身のHPに与謝野家の人々なんていうコーナーを作ってしまう
ぐらいの人やから何言うても許されるんか知らんけど。
鉄幹と晶子は色変えんでも分かるって。

個人的には黄金株を発行してて上場ってのは納得いかん。
東証の立場に賛成。
もともと黄金株なんて反対やねんけど。
たとえ99%以上取られようがその株さえ持ってれば大丈夫。
っていうのはちょっとおかしいと思う。
株主平等原則はどこ行った?

法律で認められしガイドラインもあるからそこら辺はクリアしてるとしても、上場企業としてはどうかと思う。
それぞれの事情があるとしても
裁量でやっていくのもなかなか難しいと思うし、
すでに上場してる企業はダメでこれからならOKってのは
ちょっと不公平やと思うし。

黄金株発行してるならそれを消却してから上場するのが筋でしょう。
ていうか50%なり34%なりを持って売らなければOKじゃないの?
授権資本の余裕もなくしとけば磐石に近い。
(子会社上場については議論もあるけど)
金を出さずに口だけ出したい人のためにそこまで譲歩しなくていいと思う。
どうしても必要な企業のために例外規定を設けるっていうのはアリかも。
その場合は運用面で東証が頑張らなあかんけど。

黄金株:簡単に言うと拒否権付き株式。
何について拒否権を付けるかは会社次第。
例えば取締役の選解任についての拒否権付きの株を持っとくと
買収されても取締役を変えることなく安定した経営ができる。
逆に言うと保身にも使える。
(定義はまだ明確じゃない。と思う。)
posted by L2 at 03:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人・ニュース・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

ニュアンス

土曜日に友人宅で勧められたものをいくつか断ったら
好き嫌い多いなぁ〜。って指摘されました。
具体的には濡れせんべい、もなか、スコーン(嫌いな順)。
自分の中では好き嫌いはない方やと思ってたから
そんなことないと反論したものの、
考えてみたら「○○は嫌い」ってよく言うてる。
でも好き嫌いはないと思ってる。
(食べ物の話。人については好き嫌い多いです)
思い込みか?と思って考えてみると
「好き嫌い」の定義が違うらしい。

まず、好き嫌いが多いっていうのは「嫌い」が多いっていうのと同義。
で、普通食べないもの(イナゴとか)はカウントしない。
ここまでは多分そんなに反論もないはず。
で、おれの中で好き嫌いというのは
5段階でいうと1の数を指してる。
嫌いで食べられへんとか食べられるけどイヤとか。
あと、一般的に食べへん方がいいものもカウントしない。
この辺にたぶん見解の相違がある。

好き嫌いをもうちょっと広く解釈すると、
5段階の2まで含めるやろうし、
お菓子でもジャンクフードでも含むんやろうと思う。
その場におった全員が「好き嫌い多い」って言うたってことは
そっちが普通なんかな?
でも例えばポテトチップスとか饅頭を嫌いな人を
好き嫌いが多いっていうのはなんかしっくり来ーへんねんなぁ。

どっちが普通なんやろ?
posted by L2 at 03:29| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

初心忘るべからず。

今日は初の補習所でした。
3時間ぶっ続け休みなしの講義はしんどかった。
ニコチンも切れるし。
まだ仕事も始まってないし、内容も全然難しくない。
なのにこのしんどさ。
先が思いやられます。

ついこないだまで
「土曜がつぶれる?受験してたってつぶれてるようなもんやんけ」とか
「補習所の考査?一か八かの2次試験に比べたらラクなもんやで」とか
思ってた割にはすでに愚痴モード。
ま、今んとこ「無職よりはマシ」っていうのは崩れそうにない。
そこを支えに頑張っていくことになろうかと思います。
とりあえず遅刻せんように気ぃつけな。
会社も。
posted by L2 at 05:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

あったかい

ついに今日、コタツを出しました。
どうするか迷っててんけど、
最近めっきり寒くなってきたから我慢できず。
エアコンやと乾燥しすぎて喉痛くなるし。
で、案の定出られません。ダラダラ生活突入。
困ったもんや。

コタツを出して机の上がきれいになったので
入社とか登録とかの書類を書きました。
昔から書類を書くのは苦手。
よく字を間違うから。
バイトしようと思って履歴書買ってきたら
全部使ってようやく1枚できあがり。とかそんな感じ。
なのでガチガチに緊張しながら書類作成。
とりあえずできた。
書いた順番が分かるほど字に疲れが見えるけど
ま、仕方あるまい。
間違ってたら直せるように印鑑持参で行こう。

明日から補習所。
正直何をするのかイマイチ分かってない。
ま、行ったことないんやから当たり前か。
土曜がつぶれてなんか大変そうやなぁぐらいの印象。
同期が集まるんやから楽しいんちゃうん?とも思う。
勉強せなあかんのは仕方ないし、できるだけ楽しむ方向で行こ。
posted by L2 at 01:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

阪神ファンの皆様へ。長くてスイマセン。

上場、オススメでっせ。
ニュースとしてはちょっと古いけど。

というか正直なところ阪神はどうでもよくて、
球団が上場した場合の成功例を作って欲しい。
もっと言えば上場にこだわる必要は全くなくて、
ファンの意見が直接反映されるような仕組みがあればいい。

球団を上場すれば個々のファンそれぞれが直接株を持つことになる。
このメリットは大きい。なのに反対の人が多い。
「金儲け主義に走る」とか「八百長が起こる」とか。

金儲け主義っていうのは村上さんのイメージか上場のイメージか知らんけど、全く的外れな意見。
村上さんの言うとおりに上場したとして、
金儲け主義にはまずならへん。
それは、金を儲けたい人よりも阪神ファンの方が
株価を高く評価するに決まってるから。

金を儲けたい人は利回りが何%かを基準に考える。
でもファンからすれば阪神株保有には利回り+αの価値がある。
最初の方は金儲けしたい人が殺到したとしても、
球団の業績から考える以上に株価が高くなることは確実。
それは値下がりリスクの増加でもあるけど、
本物のファンならそんなことは気にしない。
配当がゼロでも、株価が下がっても、球団の所有者でい続けたい。
株価が下がるんなら、もう1株買ってもっと意見を言いたい。
それがファン心理ちゃうかなーと。

株主優待を工夫すればファンだけのプレミアムにもなる。
金儲け主義の宿命を背負ってるのは上場そのものじゃなくて
投資家からのプレッシャー。
球団じゃなくて球団の親会社。
投資(赤字)と広告効果を天秤にかけて撤退していった企業は多い。

八百長の懸念というのも納得いかん。
阪神が勝ったら株価が上がる、負けたら下がる。
そんな単純なもんか?
最下位であろうが客が入る阪神でそれは当てはまる?
優勝すれば選手の年俸は高騰するし、
負け試合なら客がメガホン投げるからまたメガホン売れるんちゃうか?
そもそもファンが株持ったら、
ちょっと負けたぐらいで手放す?
上場して経営の透明性が増すのに八百長が増える?
今の方が明らかに八百長やりやすいのに?

ファンの立場から言えば上場にこだわる必要は全くない。
例えば譲渡制限会社(今なら有限会社も間に合うはず)になって
決算以外の部分は1人1議決権にしたらどうか。
買い占めて乗っ取りなんて絶対に無理。
これぞファンのもの。
阪神電鉄が90%ぐらい持てば利益のほとんどは持っていける。
配当も自分で決められる。
けど他の事についてはファンの意見が通る。
経営陣は原則として譲渡を承認することにして、
阪神のHP上で自由に売買できるようにするとか。
八百長が怖いなら勝った日しか売買できひんようにするとか。
法律的に無理やろか?

無理なら他の手を考えればいい。
だいたい、株式会社にこだわることもない。
まぁ、阪神電鉄を説得するには上場の方がいい。
創業者利益ぐらいはあげないと。

反対派には感情論が多い。
でも村上が言ってるから嫌だ。というのを一旦外して考えると、
阪神電鉄にとってはピンチやとしても、
阪神ファンにとってこれはチャンス以外の何物でもない。

それに1回上場したときに株を買ってしまえば、
もし上場廃止になったとしても株主のまんまでいられる。
夢の球団オーナーになれるチャンス。
こんなチャンスめったにないで。
乗っかっといて損はないで。
posted by L2 at 05:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人・ニュース・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

マンモス校の同窓会

昨日、中学の同窓会に誘われました。
とりあえずびっくり。
いきなり知らん電話番号からかかってきたから
カードの引き落としが落ちひんかったとかそういう話かと思った。
ほいで相手が名乗った瞬間には振り込み詐欺かと思った。
卒業以来たぶん連絡とってない中学の友達から同窓会の誘いなんて
妄想でもなかなかないで。
これで女の子やったら詐欺確定やったけど、
男やし、ちゃんと話通じたから詐欺じゃない。はず。
ドッキリはなくもないけど、誰も得せーへんからないか。
ここ数年で2〜3回大分に行ったのが効いたな。

中学は3年のときに転校したこともあって、
同窓会とかもたぶんやってんねやろなー、
でも呼ばれることはないやろなー。と思ってた。
卒業アルバムは持ってるけど。一応載ってるし。
せっかく誘ってくれたし行きたいなぁ。
ま、多分行けるやろ。
その頃には無職じゃないから交通費も出せるはず。

ただちょっと不安も。
転校したし高校も大分じゃなかったから
覚えてくれてる人がどんだけいてんのかが心配。
なんせ1学年に400人以上おる学校やから。
別に目立ったところもなくおとなしく過ごしてたし。
こっちは結構覚えてるつもりやけど、
向こうはどうなんかな。
まぁこっちも怪しいもんやけど。
大体、標準語に変わってるやつはおっても
関西弁のやつなんて一人やと思うねんなぁ。
違和感あるやろなぁ。浮きそうで怖いな。
大分におったころは大分弁やったから
そこが個性っていうわけでもないし。

うわー、落ち着いて考えると怖い気がしてきた。
ま、サッカー部ぐらいは覚えてくれてるかな。
とりあえず行ってみよか。
posted by L2 at 03:01| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

会計士試験について

租税法の勉強を再開しました。
まだ全然入門段階やけど正直しんどそうな感じ。
仕事も始まるというのに先が思いやられるわ。

合格してからというもの会う人みんな驚くのが
ここからの道のりの険しさ。
っていうかおれが大変そうにしゃべるから
みんな同情してくれんのかな。
今年の合格者(去年と一昨年も)は試験制度の変わり目で
ちょっと複雑っていうのもあるねんけど。

そういえばこのブログ、
タイトルの割に会計士のことについて触れてないから
ちょうどいい機会ということで会計士試験について簡単に解説します。
正確さはイマイチ保証できひんけど。

まず、従来の試験は1次、2次、3次に分かれてました。
1次試験は大学2年以上とかで免除。どんなんか分からん。
2次試験が一般的にいう会計士試験。
短答式(マークシート)と論文式(記述)に分かれてて、
短答に1回受かったからって次の年の免除はないという非情な試験。
ここ数年の合格率は8%前後。
人数で言うと1300人/15000人とかそんな感じ。
これに受かって会計士補。
で、実務補習(勉強)×1年と業務補助(仕事)×2年をやったあと
3次試験を受ける。
3次試験は筆記と口述に分かれてて、2次試験より実務的な内容。
合格率は60%程度。
これに受かって晴れて会計士。

次に、来年からの新試験制度では1次2次3次っていうのを廃止。
今の2次試験が「会計士試験」になって科目がちょっと変更。
短答合格すると2年間繰越しできるらしい。ちょっとおトク。
で、会計士補という名称は廃止。
実務補習(勉強)×1年と業務補助(仕事)×2年は変わらず。
実務補習が終わると
「統一考査」っていうテストに合格せなあかんねんけど、
それが実質的には3次試験の代わりみたいなもんちゃうかなぁと。
私見ですが。ダジャレをいうつもりはありませんが。

で、今回合格した言うてんのは従来の2次試験。
登録が終われば「会計士補」になれます。
でも来年から3次試験が廃止されるから、
新制度に乗り換えることになる。
具体的には
1.新制度の会計士試験で「租税法」と「監査論」に合格
2.実務補習×1年と業務補助×2年
3.統一考査に合格
これでやっと会計士になれるのです。最低3年かな?たぶん。

で、今後1年は仕事のほかに補習所(実務補習をする所)に行ったり
新試験の勉強をせないかんわけです。
監査論は今までの延長で行けると思うけど
租税法はやったことない(従来は3次試験)から大変なのです。
それと週3で補習所。土曜まるつぶれ。
みんな一緒とはいえ、しんどいやろうなと。
無職に比べたらどうってことない。とも思うけど、
やっぱり愚痴とか多くなるやろなー。

人間だもの。
posted by L2 at 06:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

明日から片付け始めよう

今日、大阪に帰ってきました。
higenss邸は汚かったけど、帰ってきてみたらうちも同じようなもんやった。
忙しくなる前に片付けねば。
ただ、テキストとかの扱いがビミョー。
なんかもったいない気もするけどだからって置いてたら邪魔やし
後輩みたいなんもおらんし、古本屋に売れるわけでもないし。
誰か引き取ってくれたらええねんけど、
情報古いし書き込んであるし要らんわな。
ま、おとなしく捨てるしかないか。

あとはコタツを出すかどうかが悩みどころ。
最近あまりにも寒い。
換気せなあかんからエアコンは無理。
暖房器具を買う金なんてない。
やっぱりコタツかなぁと思うねんけど
コタツ出すとどうしてもダラダラしてしまいそうで踏み切れん。
ってダラダラ意思決定を先延ばしにしてるだけかもしれんけど。
実際、寒いから布団にくるまってそのまま寝るパターンも多いし。

とりあえず片付けながら考えよか。
その前にとりあえず寝よか。
せっかくいい感じの生活になってたのに気づいたらまた夜型になってるし。
posted by L2 at 03:54| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。